ADOPTION / DOG / INTERVIEWMay 20, 2018

いい湯だな〜!お風呂大好き、仲良しビーグルズ

「もともとはシャワーで洗うだけだったんですけどね。全く抵抗しないので、徐々にお湯を溜めていったら『あったかくて気持ちいい』と思ったんでしょうか。長いときで10分くらいじーっと浸かるようになったんです。シェリのほうが長湯なんですよ」

int026_001
ふぅ〜といった具合でお風呂に入る2匹のビーグルたち。左がシェリちゃん(メス/5才)、右がりんちゃん(メス/5才)。一見すると無表情だけど、こう見えてじつはいい感じ。気がすむと自ら湯船から出てくるので、ただただ気持ちがいいのです。

「りんは足の裏が濡れるのはいやなのに、お風呂はOKなんですよ。雨が降っている日はもちろん、小雨も、雲行きがあやしいだけでもお散歩へ行きたがらないのに。私たちにも、りんのこだわりはよくわかりません(笑)」と話すのは、飼い主の秀隆さんと由里さん夫婦。2匹の里親になって約5年が経ちました。

2人が最初に出会ったのはレモンカラーのりんちゃん。きっかけは、インターネットで犬猫の里親募集をしていた<アルマ>のウェブサイトでした。二人は当初、りんちゃんではなく違う子が目当てで譲渡会へ出向いたのだけれど、夫婦のもとに駆け寄って来たのが、りんちゃんだったのです。

int026_002
int026_004
「2012年の10月頃生まれたようで、当時のりんは4、5ヶ月でした。“多頭飼い崩壊”で保護された子で、ICチップが入っていたので、もしかしたらペットショップで購入されたんじゃないかな。可愛がってはいたんだけれど、飼い主さんが体調を崩されて飼えなくなった、と聞きました」と話す由里さん。

その翌年、動物保護活動を行う団体<ちばわん>からシェリちゃんを引き取りました。シェリちゃんは、保健所から引き出されたのち、里親が決まるまでの“一時預かりさん宅”にいたのですが、出会った頃のシェリちゃんはいまとは違って、ガリガリに痩せて毛並みも悪くバサバサだったそうです。

「シェリは後ろ両足が悪くて筋肉が発達しておらず、走りながらカーブを曲がれなかったんです。だから捨てられたのかな……。そんなシェリの様子をりんはすぐに理解したようで、ドッグランでシェリが他の犬に追いかけられていると、りんが仲裁に入るんです。今は見ての通り、元気で階段もなんなく登りますけどね」と由里さんが話すまさにその横で、仲良しビーグルズはじゃれあって、走り回って、一緒に水を飲んで、大はしゃぎ中! 入浴中の様子とは正反対です。

int026_006
int026_007
int026_008
int026_009
int026_005
“元保護犬”と聞くと、人に慣れるまで時間がかかるのではと思われることがあるかもしれませんが、2匹は人が大好きで、ドッグランではみんながちやほやしてくれるからと、もはや“どこの子”かわからないくらい、まわりにべったり甘えるそうです。さらに聞けば、りんちゃんの好みが少々個性的で……“職人好き”なんだとか。

「若い頃は植木職人さんにぞっこんでした。散歩中に見かけると止まって、じっと見つめちゃって(笑)。こちらが恥ずかしくなるくらい。他にも工事現場の人も大好きです。みんながりんを撫でてくれるから」

一方のシェリちゃんは“女優”。「動物病院で先生にちょっと触られただけで『アァァ!(痛い、痛いーー!)』って、すっごく大げさなんです。りんなんてぼーっとしてるから、注射されても気づかないのに」。

じつは臆病なシェリちゃん。物音にも敏感で掃除機も苦手。由里さんが掃除機をかけようとすると、りんちゃんの後ろにそうっと隠れてしまうそう。掃除機と戦うのはいつもりんちゃんの役目なんだとか。

int026_010
int026_016
int026_011
int026_003
動物を飼うと生活に大きな変化をもたらすものですが、秀隆さん、由里さん夫婦も例外ではありません。規則正しい生活になり、近所付き合いが増えました。また、2人の住まいが都心に程近いという場所柄、外国人観光客に道を尋ねられることも多いのだとか。ときには旅行客が「うちにもビーグルがいるのよ」と写真を見せてくれて、話がはずむこともあるそうです。

「2匹を連れていると本当によく話しかけられます。これから犬を飼ってみたいという方もいらして、そういうとき『うちは元保護犬なんですよ』と言うようにしているんです。保護犬の存在を知ってもらうきっかけになればと。ドッグランやご近所にも、元保護犬の子って意外とたくさんいますよ」と由里さん。

現在も、りんちゃんの出身団体のフリーマーケットに資金協力をしたり、シェリちゃんの“一時預かりさん”とはSNSでつながっていたりと、りんとシェリがつないだ輪が広がっています。

int026_012
int026_013
int026_017
int026_014
int026_015
int026_018
今年、第一子を出産した由里さんは、いつも行くドッグランで会う犬友だちから、お赤飯をもらうサプライズもあったとうれしそうに話してくれました。

「りんとシェリがいる生活は、とにかく楽しいです。犬との暮らしがこんなに癒されて、こんなに笑顔になれるものだとは思わなかった」と話す秀隆さんに、由里さんが笑顔で「これからは、娘とシェリのおもちゃ争奪戦だね」。いっそう賑やかな生活になりそうです。

◆りんちゃん、シェリちゃんのインスタグラム
@ lilylynnlynn


Photo: Ari Takagi / Interview,Edit: Tomoko Komiyama

Pocket

関連記事