ADOPTION / CAT / INTERVIEWNov 1, 2017

グッドでハッピーなお太りさま猫「ぐっぴー」

一度見たら忘れられないぽっちゃりボディと、タレ目の困り顔で多くの人々を魅了する「ぐっぴー」。国内外からラブコールのあるスター猫として知られていますが、もともとは飼い主であるさきさん&ともさん(通称さきとも)のさきさんに拾われた保護猫でした。その出会いから、ぐっぴーの性格、これから発売される『ぐぴ本』までお話を伺いました。

int024_01
── ぐっぴーとはどこで出会ったんですか?

ある日曜日、駐車場を通りかかったら今にも死にそうな子猫がいたんです。その子がぐっぴーです。すぐに着ていたジャケットのポケットに入れて、病院に連れていきました。開いている病院がないなか、ようやく見つけた病院で、体温を測ったら35度。温めないと死んでしまうという状況でした。

── どういった処置をされたんですか?

病院ではそれ以上のことはなく、生後1ヶ月位だろうということがわかっただけ。家に連れて帰ってからはとにかく温めて、水を与えました。というのも、その半年前に亡くなった先住猫を介護した経験から、食べない時は無理やりにでも水をあげたほうがいいと知っていたので。水をあげたらぐっぴーはパッと目を開けて、すぐに元気を取り戻したんです。

int024_02
int024_05
int024_21
── さきさんが飼っていたという先住猫はいつから飼っていたんですか?

私が小学生の頃からです。名前は“茶っピー”といって、12歳11ヶ月まで生きました。顔はぐっぴーに似ていないんですが同じ茶トラ、体はぐっぴーより大きくて12キロありました。亡くなる直前は2キロまで落ちてしまったんですが。病気だったので覚悟はしていたつもりですが、今でも最期の顔は忘れられません。

── その愛猫を亡くした半年後に子猫のぐっぴーを拾うなんて、運命を感じてしまいますね。

私がずっと悲しがっていたから授けてくれたのかも。茶っピーが亡くなったことをずっと引きずっていたので。

── とはいえ、ぐっぴーは生後1ヶ月。最初は大変だったんじゃないですか?

そこは大丈夫でした。茶っピーを飼い始めたときに、猫についてものすごく勉強していたので、すんなりとできたんです。それにぐっぴーはとっても穏やかな性格なので。怒らないし、言うことも聞いてくれるんです。「これはダメ!」と言うと2度としないし、警戒していた壁での爪研ぎもしませんでした。

int024_11
── ぐっぴーはどんな性格なんでしょうか。

人が大好きで、いつも人の側にいるんですよ。私がソファに乗れば自分も乗る、トイレに行けばついて来る、ご飯を食べれば自分も食べる(笑)。苦手なものを挙げるとしたら掃除機ですね。たまに動いていない掃除機に向かって猫パンチをしていることもあります(笑)

int024_12
int024_06
int024_13
int024_09
── 今日ぐっぴーとは初対面ですが、こちらにボールを持って来て遊んで欲しそうにしたり、人懐こさにびっくりしました。猫というより犬っぽい性格といえるような……

そうなんです! インスタグラムでも柴犬を飼っているファロワーさんが多いんですよ。あと、フォロワーさんからぐっぴーは徳光和夫さんに似てるとか、田中邦衛さん似だって言われています(笑)

── 気になるぐっぴーの大きさは……。想像していたより小さかったです。

太って見えますが“ぽっちゃり”くらいなんですよ(笑)。肉がゆるい感じなのでおデブちゃんに見えるみたい。体重は今7.5キロ。体長が長いんです。

── ぐっぴーのインスタグラムを始めたきっかけは何だったんでしょうか。

携帯でたまたま撮ったぐっぴーの動画が可愛くて! それまで個性がある子だなんて思ったこともなかったんですが、それをきっかけにインスタを初めてみようかなと。ゆるりと1年やっていたら雑誌に紹介されて、フォロワーさんが増えて。純粋にうれしいです。

int024_07
int024_08
── 11月2日〜6日に開催する『くまおが山から下りてきた展 くまおの秋場所2017』にぐっぴーも初参加しますが、今のお気持ちは?

同じ“保護猫”という共通点のあるくまお君の企画展に参加できて光栄です。ぐっぴー&くまおのコラボ商品や、ぐっぴー単体のオリジナルグッズなどを販売予定で、今せっせと準備中です!

── そして11月27日には待望の写真集『お太りさま猫 ぐっぴー ぐぴ本』 (小学館) を出版。これはどんな本になる予定ですか?

写真はインスタに未投稿のものばかりで構成しました。ほかに、ぐっぴーの日常などを紹介しています。一度読んで終わりではなく、何度も楽しんでもらえる本にしたくて、随所にこだわりを詰めていて。特製ステッカーとぐっぴーのお面のおまけが付くんです。

int024_03
int024_04
int024_14
── 駐車場で瀕死の状態だったぐっぴー。本まで出てしまうなんて人生(猫生)何があるかわかりませんね。

感無量です。まだ現実味はありませんが、奇跡ですね。ぐっぴーは普通の猫ですから。

── さきともさんにとってぐっぴーはどんな存在でしょうか?

子どもですね。毎日ぐっぴーがいるから、早く家に帰ろうって思うんです。朝起きるとぐっぴーが私の顔を舐めてきたり、膝の上に乗っていたぐっぴーが振り返って見つめてきたり。出社前にやられるので困っちゃいますが(笑)。ぐっぴーがいることで、毎日が幸せでいっぱいです。

int024_22
int024_23
int024_19

取材時のぐっぴーの様子

■ぐっぴー参加イベント 『くまおが山から下りてきた展 秋場所2017』
11月2日(木)~6日(月)に開催する保護猫くまおの企画展にぐっぴーも参加。
ぐっぴー&くまおのコラボ商品や、両飼い主さんの対談を掲載したZINE「くまおタイムス」には、秘密の動画を見ることができるコード付き。ぐっぴー単体のオリジナルグッズなども販売する。
会場:ARCH & LINE STORE 原宿店
東京都渋谷区神宮前2-19-2
電話:03-6459-2789
会期中の営業時間:12:00-19:00

<CAT’S PROFILE>
ぐっぴー
たぶん11月2日生まれ。オス。名前の由来は「GOOD」+「HAPPY」の掛け合わせ。インスタグラムのフォロワー数は9万人越え(2017年11月現在)。保護して5年目となる今年、初めての書籍「お太りさま猫 ぐっぴー ぐぴ本」(小学館)が11月27日に発売される。
Instagram @gupitaro / Twitter @Gupitaro1102

int024_25


『お太りさま猫 ぐっぴー ぐぴ本』
著:さきとも
発行元:小学館
定価:本体1,300円+税
発売日:11月27日
▼Amazonでの購入はこちら


Interview,Edit: Tomoko Komiyama

Pocket

関連記事