CAT / INTERVIEWSep 11, 2016

猫の白木「被り物 春夏コレクション」

絵描きの町田さんと猫の白木(しらき)。前編のインタビューでは、その出会いから白木の病気宣告、そして絵本の主役になったことなど、日々の暮らしについて伺いました。後編では、町田さんが集めている白木の“被り物”の中から、春夏コレクションを一挙にお届けします。白木が飽きない程度にオシャレを楽しんでもらいました。どうぞご堪能ください。

インタビュー 『絵描きの町田さんと主役になった猫 白木。』 はこちら



SHIRAKI “KABURIMONO” COLLECTION

int0162_001

int0162_002

int0162_003

int0162_004

int0162_005

int0162_006

int0162_007

int0162_008

int0162_009

int0162_010

int0162_011

int0162_012

<被り物について>
ドラミちゃん:「あとりえ猫の宮殿
ほっかむりの手ぬぐい:町田さんのお手製
王冠:お菓子ガレット・デ・ロワに付いていたおまけ
その他すべて:ぶさねこ堂
※「ぶさねこ堂」はチーム銀次「手芸部」のみなさんによるチャリティグッズ販売の屋号。すべて手作り、どれでも一品500円(期間限定で500円以上の「ぶさねこ堂プレミアム」もあり)。売上の全額が原発被災地の動物たちを保護する活動への寄付になります。ギャラリー・エフ浅草の店頭販売のみ。

(町田さんと猫の白木のインタビュー+写真コレクションはこれでおわりです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。)



<作品紹介>



『ネコヅメのよる』 町田 尚子(著) / WAVE出版
猫たちの秘密、教えます。
愛猫家としても有名な画家、町田尚子が贈るファンタジックな猫たちの夜。
ある日、猫は気付きます。
「あれ? もしかしてそろそろ…」
その夜。
「まちがいない、今夜だ」
猫は家をそうっと抜け出し出かけていきます。
▼Amazonでのご購入はこちら



『銀次親分物語』 Izumi(著) / KADOKAWA
一匹の路上の猫が辿り着いた浅草の小さなカフェ。
ヒトの輪の中でひたむきに生きたその猫は、いつしか「親分」と慕われ伝説の看板猫となった――。
いしいしんじさん、坂本美雨さん推薦!猫愛あふれるフォトエッセイ。
▼Amazonでのご購入はこちら

INFORMATION

■絵本『ネコヅメのよる』原画展+作品展
期間:9月28日(水)~10月14日(金)
場所:ギャラリー・エフ浅草
時間:12:00~19:00 最終日は17時迄(火曜休み/入場無料)
公式サイト:http://www.gallery-ef.com/
『ネコヅメのよる』の原画が全点展示されるのは本展が初めて。
そのほか、町田さんによる描き下ろし作品の展示販売、手ぬぐいや缶バッヂなどのグッズも販売予定。


町田尚子さんと、『ネコヅメのよる』ブックデザイナーの大島依提亜さんのトークイベント
日時:10月10日(月/祭)17時~
詳細はギャラリー・エフの公式サイトでご確認ください。

■絵本『ネコヅメのよる』原画展
期間:10月17日(月)~11月15日(火)
場所:丸善・丸の内本店3F児童書コーナー
時間:9:00~21:00(最終日~20:00)※終了時間は前後する可能があります。
お問い合わせ:丸善丸の内本店 和書グループ
03-5288-8881(営業時間 9:00~21:00)

■『顔見世:福島の猫の譲渡会』
日時:9月22日(木/祝日)
会場:ギャラリー・エフ浅草
時間:13:00~16:00
福島で保護され家族募集中の猫たちが浅草にやってきます!
ギャラリー・エフ浅草では不定期で福島の猫の譲渡会を行っています。
9月以降の譲渡会についてはギャラリー・エフのTwitterで随時ご確認いただけます。



Interview,Edit: Tomoko Komiyama / Photo: Jun Takahashi

Pocket

Posted in CAT, INTERVIEWNo Comments » 

関連記事