INTERVIEWNov 8, 2015

山田あかね監督に訊いた 映画『犬に名前をつける日』前編

int010_013

10月31日に公開するやいなや、注目を集めている小林聡美さん主演の映画『犬に名前をつける日』。過酷な境遇に置かれている犬たちと、彼らを救おうと奔走する人々の姿をおった、このドキュメンタリードラマは、4年の取材期間を経て完成しました。最初のきっかけは、2010年に愛犬のゴールデンレトリバーを重い病気で亡くしたこと。先輩の映画監督に促され「犬の命」をテーマにした映画を撮ろうと思ったことが始まりです。自らを「ただの犬好きなんです」と称する山田監督に、この映画への想い、制作エピソード、そして保護センターから引き取り、主演もはたした愛犬のハルちゃんについて伺いました。本作の上映イベントが行われた、都立園芸高校の教室にて。


int010_00102

台本のない演技。

──上映会にイベント、おつかれさまでした。学生さんたちの反応はいかがでしたか?

みなさん映画を気に入ってくれたみたいで良かったです。

──いやぁ、本当泣けました。でもなんて言うかその、私は思ってもみなかったところで泣いたんです。

そうですか。どんなところで?

──人の温かさを感じたところや、なんてことない自然な場面で。逆に、想像していたつらいシーンは意外と少なくてほっとしました(笑)。

そう思ってもらえたらありがたいですね。犬や猫が殺されるところを観たら、みんなショックで泣きますよね。そういう泣かせ方って安易じゃないですか。悲しいに決まっていますから。

int010_00202b
int010_00102

──それと小林聡美さんのドキュメンタリーを観ているのかなと錯覚するほど、演技があまりにも自然で驚きました。

小林さんは、上川隆也さんと青山美郷さんと演じるシーン以外、みんな相手は素人さんだったんです。台本もないなか、現場へ行って、よく自然にやってくれたなぁと。素晴らしかったです。

──演技指導などはされたのですか?

ドキュメンタリーの現場で、台本を見て対応なんてできないので、最初に基本的な流れを説明したあとは小林さんにお任せしました。途中聞き出してほしいことがあったとき、小林さんに「ここではこういうことを聞いてください」と言いながらやっていたんです。

──山田監督と小林さんの信頼関係があってこそという気がします。

去年の秋にNHKで放送したドキュメンタリー『むっちゃんの幸せ~福島の被災犬がたどった数奇な運命~』で、犬のナレーションを小林さんにやってもらったんですが、その映像に小林さん自身が感動してくれたというベースもあったので、今回の映画にも参加してもらったんです。

int010_00102
(c)スモールホープベイプロダクション

──小林さん演じる(久野かなみ)の元夫役は、上川隆也さん(前田勇祐)ですが、相手役に上川さんを選ばれたのは何か理由があるのでしょうか。

これは自主映画のような小さい映画なので、著名な方に出演していただくのはなかなか厳しいんですね。でも上川さん自身が保護犬を飼っているということもあったので、主旨をご説明して依頼したら、「わかった」と。出てくださることになったんです。

──上川さんのシーンは台本があるんですよね?

ほぼあるんですが、その中でも一か所だけアドリブのところがあるんです。上川さんご自身も犬を愛していて、犬に対する“想い”のある方なので、それを台本の中に込めさせていただきました。

──そのアドリブはどのシーンですか!?

どの部分かは秘密です。

int010_00102

──じゃあそのときの小林さんの反応は…。

ドラマのシーンでも、ある意味ドキュメンタリーの要素が残っているんです。上川さんは、役を演じていますが、犬を想う“気持ち”の部分はリアルだと思います。

──だから役柄に人間味を感じられたんですね。

小林さん自身も、猫をたくさん飼っていらっしゃるから、動物を亡くした悲しみであるとか、愛護センターへ行ったときに受けるショックなどは、たぶんリアルなものが出ていたと思いますし、私はそれが欲しかったんです。お芝居で悲しみを演じてもらうより、本当に人が動物を亡くしたときに見せる表情を映したかったので。

──愛護センターを訪れたときの小林さんも印象的でした。

そこに佇む姿で表現してもらいたかったんです。例えばナレーションで『あまりにショックなので泣いてばかりいました』と加えることもできます。でもあの場に立って小林さんがセンターにいる犬を見ている顔を映せば、言葉はいらないんです。

──ああー。なるほど。

私は、自然に人の心から出てきた表情がいいと思っています。ドラマだとしても、どうやってリアリティを獲得するかが一番大事なんです。小林さんには実際に犬猫の鳴き声がするなか、殺処分をする機械の前に立ってもらったんですが、それだけで全然違うんですよ。あの表情はセットでは再現できない。そもそもセットをつくるお金もないんですけどね(笑)。本当に小林さんの反応は素晴らしかったです。

int010_00102

これは人間の物語なんです。

──山田監督自身も犬を飼ってらっしゃいますが、動物保護センターへ行くのが怖いとか悲しいといったことはありませんでしたか?

初めて行ったときは非常につらかったです。施設に入ったとたん犬や猫たちの鳴き声がこだましてますから。「ワンワンワン!ニャンニャンニャン!」と。その声に胸が締め付けられ、大部屋にいる犬たちを見て悲しくてずっと泣いていました。なんでこんなひどいことが行われているんだろうと。

──取材はどんな気持ちでされていたのでしょうか。

最初は怒りでしたが、「ちばわん」を始め、ボランティアたちが一匹でも多くの犬を救おうと、無償で、自分の時間をさいてそこへ通っていると知って、気持ちが少し救われました。そういう人々がいるからこそ、彼らをちゃんと撮っていかなければ!と。

int010_00102
int010_00102
(c)スモールホープベイプロダクション

──ほかにも「犬猫みなしご救援隊」や獣医師、飼い主さんも含めると本当に多くの方が出ていました。

ひどい現状だけを撮って、ひどいじゃないか!という訴え方もあると思うのですが、それより私は、そこを改善しようと戦っている人たちを撮ろうと思いました。犬がテーマの映画なんですが、結局これは人間の物語なんです。

──この映画は“ドキュメンタリーとドラマが融合した新しいタイプ”と言われていますが、最初からこの形をイメージされていたんですか?

いえいえ。最初は自分が興味のあることをひたすら撮っていたので。こういう形式にしようと思ったのは、去年の秋くらいです。犬猫の殺処分についての映画はすでにあるし、普通のドキュメンタリーだと目立たない。広く伝えることが大事なので考えました。
それで実際に私が取材した映像と、ドラマ部分を合わせて作品として見やすくしたんです。小林さんや上川さんに出演してもらうことで、今まで犬に興味のなかった人も“うっかり観る”という作戦です(笑)。

int010_00102

やればついてくる。何もないけどやってみる。

──取材中や劇中で、とくに印象的だった言葉があれば教えてください。

犬猫みなしご救援隊」の中谷さんが言った『やればついてくる。何がないからできないとか言ってたんじゃ、最初から何もできない。ないけどやってみよう。そうしたら人がついて来る』です。それと『福島で犠牲にした命を無駄にしない、自分がどう生きるかがそれにかかっている』という彼女の言葉には、とても共感しました。

震災で大変なことがあって、悲しい思いをした人はいっぱいいたと思うけど、そこで嘆くだけじゃなくて、できることはないだろうか、ということ。私も愛犬を亡くして悲しいから嘆いていたんですけど、そこで止まらないで、自分ができることってなんだろう、取材を続けていこうって。そういう思いで映画をつくりました。

──実際に中谷さんが発した言葉も映画に使われているんですよね。

そうですね。取材した映像をそのまま使っているので。



<インタビュー後編へつづきます>



『犬に名前をつける日』公式サイト http://www.inu-namae.com/
(c)スモールホープベイプロダクション


interview, edit Tomoko Komiyama
photo Jun Takahashi

Pocket

Posted in INTERVIEWNo Comments » 

関連記事