CAT / INTERVIEW / RESCUEDec 21, 2014

マイズナーファミリーとマイティス

今回取材したのはマイズナーファミリーが暮らす、米軍厚木基地内にあるお宅です。この日は偶然にも夫婦の18回目の結婚記念日でもあり、アメリカ合衆国の祝祭日「感謝祭」。パーティのための大きな七面鳥料理を、せっせせっせとこしらえるレイシーさんに少し時間をもらい、猫のマイティスとの日々の暮らしを聞きました。


int01_001
int02_002
int02_003

好奇心旺盛なマイティス

──マイティスはもともと拾われた猫だったそうですね。

そうなの。猫の保護活動をしている友人が、座間キャンプ(Camp Zamaは神奈川県座間市と相模原市南区にまたがるアメリカ陸軍の基地)の教会の下で子猫を見つけたんです。女の子が1匹、男の子が3匹の合計4匹で、発見したときには産まれてから数週間が経っていたみたい。

その友人が猫の家族になってくれる人を探していて、偶然私たちも猫を飼いたかったから、彼女のうちに行って子猫たちと遊ばせてもらって、この子に決めたの。

ちなみに“マイティス”という名前を付けたのは長男のルーカス。好きな作曲家の名前からとったみたい。名前を決めるときも家族で投票して決めたのよ。

int02_004

──小柄なようですがマイティスは何歳位なんですか?

正確な誕生日はわからないんだけど、獣医さんによると、今7ヶ月くらいみたい。どうやら3〜6ヶ月で抜ける乳歯がまだ生えていたみたいで。というのも、基地の中でペットと暮らす場合、犬も猫もまず始めに予防接種とマイクロチップを入れるというルールがあって、その時に教えてもらったの。

──すごく人懐っこいですよね。さっき私たちがレイシーさんの家に入ったときも、すぐに寄ってきてビックリしました。

そうなの! 初めての人が来ても玄関にお出迎えするような性格で。彼はとても好奇心が旺盛。

int02_004
int02_0052

毎朝の日課は長男を起こすこと

──そんなマイティスの好きなものは何ですか?

とにかくおもちゃが大好き。でも、息子たちと遊んでると取ろうと必死で、奪ってそのまま逃げちゃう。あとは箱。空き箱を見つけるとすぐに中に入ってご機嫌になってるの。今日はさっき大きな段ボールを片付けちゃったから、あまりおもしろくないみたいね。すごく気に入ってたみたいだったから。

──逆に嫌いなものはありますか?

体が濡れるのは嫌いみたいね。でも、嫌いなことよりも好奇心が勝ってるみたいで、こないだ誰かがシャワーを浴びた後のバスルームに入っちゃって、濡れた足を必死に振ってたの。

──そんなに濡れるのが嫌いだと、マイティスを家で洗ったりできないですね。

うん。でも彼は自前で綺麗にしちゃうからOK(笑)カーター(三男)が一度マイティスをシャンプーしようとチャレンジしたけど……。ムリだったみたい。あと掃除機も大嫌いで、かけるとすぐに逃げちゃう。でも気になるみたいで、いつも遠くからジッと様子を見てるわ。

int02_023

──マイティスはいつもどんな一日を過ごしていますか?

朝5時半に夫のデイビッドが起きて、そのときマイティスも起きるんだけど、まだ眠いのか、再びベットに戻って今度は私と寝るの。そのあと子供たちが起きる頃に、マイティスも動き始めて、長男のルーカスからごはんをもらって、また寝る(笑)。

だいたいルーカスが朝ごはんをあげるから、朝は「ごはんちょうだい」と彼の寝室に起こしに行くことが多いみたい。イーサン(次男)は「ルーカスが起きないときは僕がごはんをあげているんだ!」と言っているけど……、実際はイーサンはなかなか起きないの。まだ生後7ヶ月のマイティスだけど、ルーカスを起こすのが確実にごはんをもらえると悟ったのね。

int02_007

──ごはんは缶詰なんですね。

キャットフードはお魚系を好むんだけど、偏らないように、アメリカからチキンやターキーの缶詰を取り寄せたり。私たちは去年の8月に日本にきて、日本語がまだ得意じゃないんだけど、この子の缶詰を買うから“まぐろ”という言葉はすぐに覚えたわ。

int02_008
int02_009

マイティスの日常

──マイティスは日中何をして過ごしているんですか?

子供たちが帰宅するまで寝ていることが多いかな。誰かのベッドや、私の鞄の上で寝たり、いろいろな場所に移動したり。私が仕事をしているときは、私の横の椅子にこの子もちょこんと座ってるの。

int02_011

──デザイナーとしても活躍しているレイシーさん。部屋の至る所に飾られているタイポグラフィのボードは、レイシーさんのアートワークなんですね。

木製のサインボードのことね。今まで住んだことのある都市名や日本のイメージをいろんなタイポグラフィで描いたの。あとは玄関のウェルカムボードや、壁にかけてあるアメリカ国旗のボードもつくったのよ。あとはインテリアに合うように、小物をペイントしたりね。アート教室も定期的に開催して、先月は木を使ってスノーマンのオブジェを創作したんです。

※レイシーさんのデザインサイト Fried Okra Designs

int02_010
int02_012

──キッチンの横にあるのは黒板ですか?「TODAY IS going to be GREAT DAY」と書いてあります。

この黒板は、年間行事や家族のイベントに合わせて、その時に合ったフレーズを書いているの。今日は感謝祭だから素晴らしい1日になるように、という思いで書きました。

──「HOUSE RULES」もありますね。LOVE EACH OTHER(お互いを愛す)、LAUGH A LOT(たくさん笑う)、TRUST IN YOURSELF(自分自身を信じる)など日本でいうところの家訓のようですが、これもレイシーさんが?

我が家専用にアレンジしたものをつくったの。3〜4年前にインターネットで「HOUSE RULES」の原型になるものを見たのがきっかけで。していいこと、しちゃいけないことを目に見える形にして置いておきたくて。リマインダーのような役目ね。書いたフレーズのほとんどは、息子たちにとって価値のある、忘れて欲しくないことばかり。

うちの子供は男三兄弟じゃない? 家の中でバスケットボールでドリブルしたり、サッカーボールや、野球ボールを投げたりするのが大好きなのよ。やめなさいと、何回注意しても効かないの! 男の子のボール遊びは生物学的にも必要ってことなのかしら?(笑)だから「HOUSE RULES」に、“部屋の中でボール遊びをしない”も追加したのよ(笑)

int02_013

──ベランダにあるキャットタワーも手づくりですか?

そう! 家族みんなでマイティスのためにつくったの。イーサンが座って一番下の台は壊してしまったけど。

マイティスは、このキャットタワーの上から外の歩いている人や、基地上空を飛ぶジェット機やカラスをよく眺めてるわね。あと息子たちが帰宅する時間になると、大体キャットタワーの上で待ってるの。私がマイティスに「そろそろ帰ってくるよ」とか声をかけてるわけじゃないのに。そして必ず玄関に出迎えに行くのよ。マイティスはみんなのことが好きなのね。

int02_014
int02_015
int02_017
int02_016

──マイティスと三兄弟。毎日賑やかで楽しそうですね。

夜はカーターとレスリングをしたり、追いかけっこしたりでドタバタ大騒ぎ。たいていマイティスが勝つんだけどね(笑)

あと、息子たちがリビングで携帯をチェックしてたり、ゲームをするんだけど、そのライトが天井に反射するのね。その動く光にマイティスが反応して「ケケケッ」と小さく鳴くの。みんなが集中している横で、マイティスはこっそりと天井の獲物を狙うことに夢中になってるのよ。

int02_018

素晴らしいエンターテイナーキャット、マイティス

──マイティスのどんなところが好きですか?

家族と仲良くしてくれるところかな。抱っこも嫌がらずさせてくれるし。みんなと遊んでいる姿や、じゃれあっている様子を見ていると、マイティスを迎え入れて良かったな、幸せだなって。

そういえば先日、マイティスが私たちを頼りにしているんだな、と気づかされたことがあったの。普段、ソファーや椅子の上にいることが多いマイティスなんだけど、具合が悪いときは、家族の後ろをずっと付いてくるの。前に私の上に乗ってきたりもしてたわ。「具合が悪いよ」と自分の意思を伝えようとしていたのね。

int02_019

──だんだんと信頼関係が厚くなっていくんですね。では逆に、マイティスの行動で困っていることはありますか?

頑固なところかな。キッチンのカウンターには上がらないで欲しいんだけど、何度言ってもきかないの。マイティスは、自分がやると決めたことは変えないタイプね。

──カウンターからいたずらをするんですか?

私が料理をしている姿をただジーッと観察しているだけなんだけどね。「何つくってるの? 美味しそうな匂いがするな」って思ってるのかしら。でもキッチンは火を扱ったり、食事をつくる場所だから、きちんとしつけなきゃと思ってるの。

int02_020

──今日のインタビュー中キッチンでは、デイビットさんがパーティ料理の下ごしらえを黙々としていました。優しい旦那さんですね。

実は私たち、今日が結婚記念日で今年で18年なんです。三人の元気な子供にも恵まれました。

int02_0212
int02_021

──家族やマイティスについて、今どんなことを思いますか?

息子たちには責任感をもち、お互いを信頼し、思いやりのある大人になって欲しい。猫のマイティスが来てからは、私も仕事仲間ができたようで嬉しいわ。私のアートワークへの影響は……、作品にいたずらで足跡を残されたこと以外、変化はないけど(笑)

でもマイティスはね、いつも私たちのムードメーカー。誰かの機嫌が悪かったり、悲しいことがあっても、彼のおかげですぐにハッピーになれるの。素晴らしいエンターテイナーだと思うわ。何より猫とのハグって最高なのよね。

int02_022

CAT’S PROFILE
マイティス
キジトラ/雌/2014年3月生まれ(推定)


interview, edit Tomoko Komiyama / photo Jun Takahashi / translation Chiyoko Kimura

Pocket

Posted in CAT, INTERVIEW, RESCUENo Comments » 

関連記事